イオンスマホを導入(10):代替機として、ジーニーを購入

2014日10月13日(月) 13:00


明日、14日に、

idol2の故障対応が始まる予定だが、

なんとなく、
スムーズに行かないのでは無いか?

それによって、解決が長期化する事を懸念し、

イオンスマホのジーニーを、
新規番号契約で、購入した。


新規なので、店頭で手続きをしたら、
約一時間後から、通話・通信が使える。

でも、私の主目的は、

従来から使っている電話番号の利用復活であるので、
新規番号は、使わずに保管。

もちろん、
idol2が、円満に再稼働したら、
ジーニー本体も使用しないわけだが、

それは、家族に使ってもらうという事で、
無駄にはならない。


メイン利用のSIMは、生きているので、

中古のアンドロとか、探してみたのだが、
業者も、ビジネス重視だろう。

再販価格が高めに取れる高級機が商品主体である。


あくまで、予備マシンとしての購入なので、
それに3万円も4万円も出せない。


「イオンスマホの対応に懲りてないのか!?」
という意見も頂いたのだが、

大手キャリアにする選択肢は無しとして、
中古も割高となれば、残ったのがジーニー。



そして、
今、ジーニーに、既存SIMと、
新規番号SIMを2つ差しで、

環境を再整備中。

"イオンスマホを導入(10):代替機として、ジーニーを購入" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント